BD-Net

BD-Netの特長
-手の甲静脈の認証によるトータルソリューション-

なりすまし防止

全国をカバーできる認証システム

正確スピーディーな認証

手の甲静脈認証を採用

同じ本人なのに、多種多様の「本人認証方式」が存在し、携帯し切れぬ数のカードやカギやタグ、覚え切れぬ数のパスワードが氾濫し利用者の皆様を悩ませています。私どもSYNCHROは、忘れない&なりすまさせないをキーワードに携帯User専用のBD-Netを考案、開発致しました。

現代社会にはサインやカード、タグやパスワード等、本人であることを証明する手段が沢山巷に溢れていますが、これらの本人証明手段は他人によって本人に「なりすます」事が可能な余地が多分に含まれており、他人による不正アクセスによる情報漏洩事故や不正送金事故等は増加の一途を辿っています。

私どもSYNCHROは、ほぼ一人が一台を所有する時代の到来を背景に携帯電話と生体認証技術を組み合わせて、簡単かつ完全に本人であることを証明する事が出来るサービスを特許と共に創生し、21世紀社会に於ける次世代の認証基盤の一つの在り方を具現化致しました。

もうこれ以上カードやパスワードは持ちたくないと言う「世の中の潜在ニーズ」に応える便利なサービスとして、又「なりすまし」による事故を未然に防ぐと言う社会からのミッションに応えたセキュリティサービスとして、生体認証技術を熟知した我々が提供する新本人認証サービス、それがBD-Netです。

SYNCHRO 製品紹介

事例紹介

トピックス

  • 2019/03/28

    トピックス

    新たに「トータルアクセスコントロール」に関するWEBサイトを開設致しました。

    弊社がこれまで展開してまいりました静脈認証システム「VP-IIX」を基軸に、安全性と簡便性を高次元で両立させた
    手の甲静脈の認証によるトータルソリューションとして、「トータルアクセスコントロール」を分かりやすくまとめて
    おります。

    是非とも以下のURLをアクセス頂きまして、ご一読頂ければ幸甚です。

    https://www.access.udc-synchro.co.jp/

    また、このサイトの中に更にサービスの内容や機能等をご紹介した「トータルアクセスコントロールに関する動画」も
    掲載されております。
    そちらも是非ともご参照を頂ければ幸甚です。

    今後とも「あくなきパーフェクトアクセスコントロールの追求」を行う 株式会社SYNCHRO を宜しくお願い
    申し上げます。
  • 2019/03/12

    代理店

    【「ACアダプターに関するPSE問題」について】

    弊社では、2002年から韓国Techsphere社から製品輸入を開始しており流通当初、PSEマーク添付の許可
    を取って国内流通を開始しましたが、その後の更新手続きを失念してしまっていた事が昨年発覚しました為、
    2018年度早々に経済産業局製品安全課に届出を行っており、安全性及び再発防止に向けた指導と注意を受け、
    対処を終えております。

    具体的には、流通してしまっているアダプターの安全性(技術上の基準への適合)に問題が無い事を関東経済産業局
    にてチェックを受けた上で今後の再発防止の観点から、2018年3月末以降は技術上の基準への適合を認められた
    国内調達製品を選定し直し、安心して流通できる方針に切り替えて当該対策の履行を継続しております。

    従いまして、既に当該期間中に流通した製品につきましては安全性には問題はございませんのでご安心下さい。
  • 2018/11/04

    トピックス

    IoT/AIビジネスカンファレンス2018 にて当社代表取締役の室木が講演しました。

    先日、第五回IoT/AIビジネスカンファレンス2018にて、当社代表の室木が同カンファレンスにて、講演致しました。
    「サイバーアタックを寄せ付けない、新アクセスコントロール手法」と題する講演にて、ご好評頂いておりまして、多数のご出席を頂きました。

    講演をさせて頂きました資料のダウンロードが可能ですので、是非ともご参照を頂ければ幸甚です。
    http://www.ric.co.jp/expo/iotb2018/download.html
    なお、ダウンロードに期限がありますので、ダウンロードができなかった方は当社へご連絡を頂ければ資料をご提供致します。

    セミナーの詳細は以下となります。
    開催:2018年10月31日(水)
    時間:15:30~16:10
    内容:http://www.ric.co.jp/expo/iotb2018/
    場所:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター C会場
  • 2018/10/16

    トピックス

    電話回線 復旧のお知らせ

    2018年10月15日(月)19時半ころから、弊社内電話回線に不具合が発生しておりましたが
    2018年10月16日(火)19時に復旧致しましたので、ここにお知らせ致します。

    ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます。
  • 2018/10/16

    トピックス

    電話回線 不具合のお知らせとお詫び

    昨夜19時半ころから、弊社内電話回線に不具合が発生している状況でございます。 回線の不具合、もしくは機械の故障により、お客様より弊社への電話が不通となっております。 早急に原因を調べて対策をとせていただきます。お客様には多大なるご迷惑をおかけしておりまして誠に申し訳ございません。 緊急のご要件等御座いましたら問い合わせフォームまたはメールにてご連絡を下さいませ。

生体認証FAQ

初級編

ハンドルに手が触れると汚くないですか?
VP-II XとUni-Lockのハンドルは抗菌ハンドルを使用しています。
自動洗浄機能はありませんので、汚れが付着した場合は清潔な布やティッシュペーパーなどでふき取ってください。
アルコールや洗剤を使用するとハンドルを痛める原因となる場合がありますので、使用しないでください。

またご使用中のお客様で、事務所の入り口でご利用いただいているお客様は、風邪やインフルエンザの予防も兼ねて、入り口に手の消毒液やジェルを設置されているようです。
静脈認証って何ですか?
手の甲やひら、指先の静脈パターンにより本人確認を行う認証方式。人体の特徴を利用する生体認証(バイオメトリクス認証)の一つです。
静脈認証にはどんな種類があるのですか。どれが最も有用なのですか?
指認証、手の平認証、手の甲認証があります。手の甲静脈認証は範囲の大きい静脈を対象としてるので認証の安定性に優れています。
指紋認証で十分ではないのですか?
物理的な凹凸のパターンを読み取るという技術的特徴から、樹脂などによるパターンの偽造を完全には排除できません。また、手をセンサーに触れなければならないため、店頭や窓口など多の人が同じ機器を使うような場面では衛生面での心理的抵抗感が考えられます。
静脈認証と他の生体認証とは何が違うのですか。どれが実用的なのですか?
指紋認証、顔認証、手形認証、虹彩認証、声紋認証などがほかにあります。静脈認証は血管という人間の体内にある組織なので、簡単に他人に知られることがありません。そのため偽造が極めて難しく、実用性が高いと考えられます。

中級編

ハンドルに手が触れると汚くないですか?
VP-II XとUni-Lockのハンドルは抗菌ハンドルを使用しています。
自動洗浄機能はありませんので、汚れが付着した場合は清潔な布やティッシュペーパーなどでふき取ってください。
アルコールや洗剤を使用するとハンドルを痛める原因となる場合がありますので、使用しないでください。

またご使用中のお客様で、事務所の入り口でご利用いただいているお客様は、風邪やインフルエンザの予防も兼ねて、入り口に手の消毒液やジェルを設置されているようです。
静脈認証って何ですか?
手の甲やひら、指先の静脈パターンにより本人確認を行う認証方式。人体の特徴を利用する生体認証(バイオメトリクス認証)の一つです。
静脈認証にはどんな種類があるのですか。どれが最も有用なのですか?
指認証、手の平認証、手の甲認証があります。手の甲静脈認証は範囲の大きい静脈を対象としてるので認証の安定性に優れています。
指紋認証で十分ではないのですか?
物理的な凹凸のパターンを読み取るという技術的特徴から、樹脂などによるパターンの偽造を完全には排除できません。また、手をセンサーに触れなければならないため、店頭や窓口など多の人が同じ機器を使うような場面では衛生面での心理的抵抗感が考えられます。
静脈認証と他の生体認証とは何が違うのですか。どれが実用的なのですか?
指紋認証、顔認証、手形認証、虹彩認証、声紋認証などがほかにあります。静脈認証は血管という人間の体内にある組織なので、簡単に他人に知られることがありません。そのため偽造が極めて難しく、実用性が高いと考えられます。

SYNCHRO コンセプト
-世の中の潜在ニーズにSYNCHROする事業の追求-

世の中には顕在化したニーズと潜在ニーズ(Wants)の2種類が在ります。
私どもSYNCHROは人々の願望や社会からのミッション、時代の要請を敏感に
感じ取る(洞察力)、独自の視点で的確に解決起案を行う能力(考察力)、
時代の先駆者を志すメンバーをもっていち早く企画を事業化し執念をもって
展開を行う能力(行動力)、これらの三大要素を重視した経営を21世紀初頭に
入ってから実践継続しています。

 

一方でセンシング技術や通信方式、データ構造からモバイル機器の小型化技術等
時代の流れと共にテクノロジー(Seeds)の進化も加速度を増しており、Wantsに
解決対応できるSeedsの見極めは選択肢も多く卓越した経験と勘に基づき培われた
「真眼」と「複眼」が必要になっています。

 

私どもSYNCHROは単一技術ではなく複数のSeedsを目的に合致した組み合わせで
統合させ、飽くなき追及をもってWantsに対する解決起案を進化させ続けています。

 

様々な物や情報が溢れる飽和社会から我が国が脱却を図り、グローバル社会(時代)で
差別化戦略事業を次々と創発することこそ、現代に生きるベンチャー企業としての役目で
あると考えます。