BD-Net詳細情報

【なりすまし】のできない初めての1対1認証

認証には1対N認証と1対1認証があります。1対N認証は、あらかじめ登録されている多数の情報の中から合致する1人を選ぶ方式。1対1認証は、照合する個人の情報を呼び出し、本人と比較する方式で、認証の精度や速度、安全性に優れています。

BD-Netは、携帯電話と生体認証を組み合わせることにより、“なりすまし”のできない初めての1対1認証を実現し、安全性と簡便性を高次元で両立させました。

*ただし携帯電話は本人が使用することを前提としています。

全国をカバーできる初めての1対1認証

BD-Netは、携帯電話を用いることにより、初めて全国をカバーできる1対1認証を実現しました。携帯電話のユーザーならば、誰でも利用することができます。

正確かつスピーディーな認証が可能

BD-Netは、正確かつスピーディーな認証ができます。本人特定精度100%を可能にし、認証も2~3秒で行えます(通信環境によって認証速度は変わります)。

安定した手の甲静脈認証を採用

今回採用した手の甲静脈認証は、複製による“なりすまし”のできない認証です。気温や体調の変化を受けにくく、スピーディーかつ安定しているという特徴も持っています。なお、指静脈認証や顔認証などの生体認証を組み合わせることも可能です。

BD-Net のシステム構成

システム構成は生体認証端末と通信装置、認証サーバ(クラウド側)、そして利用者の携帯電話のみのシンプルな構成です。

システム構成

●シンプルな構成だからこそ、従来のセキュリティシステムと同レベルのコストでシステムを構築する事が可能です。
●認証結果は、認証端末側から送信する場合と、認証サーバーを経由して送信する場合があります。

 目的に応じて、より適切な方を設定する事が可能です。
●通信装置には、オプションでSIMカードの内臓が可能です。

各種お問い合わせ